定点観測の梅、紅葉の濃淡

今年の紅葉は全般に遅くて、茶色っぽく枯れてきた葉が目立つ。やはり10月の高温多雨が影響したのだと思う。どうしても昨年の鮮やかな美しさと比べて残念に思ってしまうが、もちろん植物にしてみれば、その年の気候に合わせて調節しているだけで、紅葉が鮮やかでないなどと言われても知ったことではないだろう。 とはいえ、今朝の定点観測の梅は、真っ青な秋空に映えて綺麗な紅葉が楽しめた。紅葉が始まったころに書いた前回の定点観測記事から10日経ち、だいぶ紅葉が進んだ。 紅葉せずに枯れる葉もかなりありそうで、見る角度によっては黄緑色の葉が目立ったりもする。 梅の木全体が一斉にぱっと輝くように紅葉した昨年とは、やはり様子が違うような。それでも、緑から赤までさまざまな濃淡に彩られるこの時期の木々はとても美しい。

続きを読む

「Chains」のジョージは声がかすれている

毎日の作業が夜遅くに終わってから布団に入るまでの時間、パソコンの電源を切って部屋の明かりも落とし、レコードを聴くのが最近の習慣。かつてはそんな時間にチューハイをがぶ飲みしていたが、毎晩常習的にアルコールを摂取するのをやめた代わりに、集中して音楽を聴くことが増えた。先日はビートルズの「Please Please Me」をかけた。これこそ何千万回聴いたかというものだが(言い過ぎである)、その晩に聴いたときは「Chains」を歌うジョージの声が少しかすれているのが耳に引っかかった。ジョージのガラガラ声といえば1974年の「Dark Horse」で、多忙なスケジュールと私生活トラブルの中で制作されたために荒れた声で歌わざるを得なかったのだが、「Chains」を歌うジョージもわりとハスキーな声なのだ。 Chains (Remastered 2009) このアルバムでジョージがリードヴォーカルを取るもうひとつの曲、「Do You Want To Know A Secret」では澄んだ声で歌っている。アルバムに収録されている14曲のうち10曲が1963年2月11日、たった1日のセッションで録音されたことは周知のとおり。アルバムのB面ラストを飾る「Twist And Shout」は録音順も最後で、ジョンが喉を潰しながら渾身のシャウトを決めた。ジョージの喉に疲れがうかがえる「Chains」も最後のほうに録音されたのかな、とおなじみのバイブル「The Complete Beatles Recording …

続きを読む

落花生を収穫してすぐさま茹でて食べた

5月から地道に育てていた落花生。地植えのものはうまく育てられず枯らしてしまったのだが、地面に植えきれず余った苗2つをプランターに突っ込んでおいたのが一番順調に育ち、9月に実がなったのを見つけて、「落花生の実がなっていた」という記事にした。 あの後、またさらに地道に収穫のタイミングを待っていた。葉が黄色く枯れてきたら完熟なので収穫ということだったが、冷えてきて生育がゆっくりになったのか、なかなか枯れない。じりじり待っている間に11月も中盤に差し掛かってしまった。最低気温が0℃近くなる日も出てきて、来週はとうとう氷点下の予報も。本来は9月頃に収穫する植物、あまり寒くなるまで引っ張っているのも良くないのではないか、と心配になってきたので、もう思い切って収穫することにした。ただちに決行。 いい具合の落花生ができていて、ひと安心。自分で育てた落花生を食べるのははじめてなのだが、聞いたり調べたりしたところでは、とにかく収穫したての新鮮なものを殻付きのまま塩ゆでして食べるのが一番美味しい、収穫の前にお湯を沸かして準備していろ、ぐらいの勢いである。土を払って、落花生を柄からぷちぷちもぎ取り、ごしごし水洗い。 収穫を洗っている間に塩をたっぷり利かせたお湯を沸かしておき、30分茹でた。ひとつ試食。殻を割れば、普通に見るピーナッツよりもふっくらとした実がふたつ茹であがっていた。噂に聞いた通り、甘みがあって、ほくほく。美味しい! 収穫は全部、今日のおやつにした。中にはやはり…

続きを読む