John Wesley Hardingについて、またはディランとインド音楽

先日、一週間のアメリカ出張に行って、当地のレコード店でまた古レコードを何枚か買って帰ってきた。そのうちの一枚がボブ・ディランの「John Wesley Harding」。65年からエレクトリック路線を突っ走り、聴衆の罵声を浴びながら演奏する生々しい緊迫感がもの凄い66年のライブはもうヘヴィーロックの先駆けみたいな激しさだったが、バイク事故で一年以上の休養をはさんで出した67年の復帰作がこの地味渋すぎるシンプルなアルバム。サイケ全盛当時のリスナーからしてみれば肩すかしもいいところではなかったのか、と思いきやかなり売れたらしい。意外に思えるけど、こういうリアルタイムの空気は自分みたいな後追い世代にはわからない。「バイオグラフ」に収録された数曲は昔から知っていたものの、アルバム通しで聴いたのはかなり後になってからだった。「Dear Landlord」が非常に好き。自分がバンドをやってた頃にこのアルバムから何だかんだ3曲も取り上げていた。うち2曲はカバーのコピーだけど。まったくどうでも情報ですが。 レコードを手に入れて、アルバムジャケを初めてしげしげ眺めてみて気づいたのは、ディランと一緒に写っている左側の人物が掛けているスカーフに「ॐ」があしらわれていること。 この二人はネイティブアメリカンだと何となく思っていたが……調べてみるとインド人だった。ベンガル地方の吟遊詩人であるバウルの兄弟、Luxman DasとPurna Das。ディランのジャケにインド人が写っていたとは、そして…

続きを読む

貧しいガキに何ができる?

ロックンロール・バンドで歌う以外に、と68年のストーンズは歌った。ミック・ジャガー自身もロンドンでのベトナム反戦デモに参加して、フランスでは学生が主体となった五月革命が起こり、そんな街頭での変革の気運がこの曲を生んだ、とWikipediaには書いてある。当時は日本でも学生運動が盛んだったという話は親から聞かされた。自分が生まれる少し前、今から50年前の話。今、この曲のリリックビデオをストーンズが公式にリリースしている。当時とはまったく時代状況が違う。ミック自身も95年には「今の時代に共鳴する歌とは思えない」と語っていたらしい。ではなぜ今。 The Rolling Stones - Street Fighting Man (Official Lyric Video) 自分も2003年のイラク戦争をどうしても止めたくて、東京で反戦デモに参加したことがあった。既成の政党が主催したもの。そこで見たのはやはり親世代の学生運動ノリ。今、イラク反戦を本気で訴えよう、という感じではなく、若者を集めるための口実としか思えなかった。今でもその政党のことを嫌いではないけど、あのときは相当ガッカリした。当時のままではダメなのだ。 今、眠たいロンドンに居場所がない貧しい少年はロックバンドで歌う以外に何をするか。ネットで共鳴した過激派に参加するかもな、とそのビデオを見て自分は思った。ミックが言うように、ストリートファイティングマンの時代ではないのだ。当時の言葉を今そのまま叫んでも誰も聞いてくれない。状況が違…

続きを読む

公式に出るWhile My Guitar Gently Weepsの未発表デモ音源を聴いた

ホワイトアルバムの50周年記念盤が11月に出ることもいま初めて知った、音楽情報に疎い人です。 ビートルズの公式Youtubeで「While My Guitar Gently Weeps」のEsher DemoとAcoustic Version Take 2が先行公開されているのをSpotify経由で知ってさっそく聴いた。 The Beatles - While My Guitar Gently Weeps (Esher Demo / Audio) The Beatles - While My Guitar Gently Weeps (Acoustic Version / Take 2 / Audio) アコースティックTake 2はアンソロジーに入っている演奏とは違って、途中で止まったりしていて完成度は低いけど、とにかく今まで聴いたことはないもの。イーシャーデモはブートで聴いたことがあったはずだけど、はるか昔のことだし、ちゃんとした音質で聴くのでは全然違う。この曲はリメイクを重ねるごとにどんどんテンポが落ちていったようで、初期のデモは速い!最初はディランっぽい曲だったんだなあ。これが68年のビートルズにかかるとゴリゴリの複雑怪奇な曲になって、もちろんあれはあれで非常に好きだけど、ビートルズ、主にポール?に散々いじくり回されて、ジョージの元々意図したところとはだいぶ離れたんじゃないだろうか、とつい心配してしまうジョージファンである。最終版の2018年ミックスも一緒に公開されて…

続きを読む