ビートルズのルーフトップ・コンサート、50周年

1969年の1月30日にロンドンのアップルビル屋上で行われたビートルズのサプライズ演奏、通称ルーフトップ・コンサート。ビートルズが4人で行った最後のライブから今日でちょうど50年。このライブ自体については今さら説明不要、自分の出る幕ではないので、ここでは全ジ連ギター弾き的視点でのみ書く。 映画「Let It Be」が廃盤になっている現在、一番見やすいルーフトップ・コンサートの映像は「アンソロジー」に収録されている一部だろう。持っているDVDセットは、昨年から突発的ビートルマニアと化した父に丸ごと貸していて手元にない。公式Youtubeでは「Don't Let Me Down」の映像が見られる。 The Beatles - Don't Let Me Down スタジオ版と違ってジョージのコーラスがハッキリと聞こえるのが全ジ連としてはうれしい。このライブでジョージがリードヴォーカルを取る曲はないのだが、ギターは絶好調。真冬のロンドンのビル屋上、「手がかじかんでコードが押さえられない」とぼやくジョンの横で冴えたフレーズを連発している。そのセリフが入っている「Dig A Pony」では、演奏中にジョンとふざける余裕まで見せている。このシーン、大好き。 上:ギターを弾きながら何やらニヤリとし始め、ジョンの前にしゃがみ込んでいたずらを仕掛けるジョージ◆下:ジョンも即座に応戦 レコードで音だけ聴いていた時分には、演奏の最中にこんなことやってたなんて夢にも思わ…

続きを読む

Nさんのこと

1月初めはボウイが亡くなったほかに、祖母の命日も新年早々だったし、もう一人、自分にとって大切な人が6年前に亡くなっている。ここではNさんと呼ばせてもらう。先日書いたように、自分は大学卒業後、学業を続けるつもりだったが途中でドロップアウトして別の道に進むことにした。自分はその道に適性があると信じていたものの、すぐにはプロになれないだろうから、30になるぐらいまではバイト生活で頑張るつもりだった。そんな20代半ばの自分を拾ってくれたのがNさんだった。その道で仕事ができるように学んでいた専門の学校に、Nさんの会社が募集広告を出していて、自分はその広告に応募して登録試験を受け、Nさんがその答案を目に留めてくれたのである。軽い研修のために客先ではじめて会ったとき、Nさんもまだ30代半ば。若かったのでその会社の営業マンか何かだとしばらく思い込んでいたのだが、仕事を始めてからあのとき会った彼が社長だったと知って驚いた。 Nさんから回してもらった最初の仕事で、自分は大失敗をやらかし、Nさんは先方からかなり怒られたらしい。それでもNさんは自分を信じて2件目も任せてくれて、その仕事は高く評価され、後続の仕事へとどんどんつながっていった……らしい。これは後になって彼自身から聞いた話であり、最初の仕事でそんなに怒られていたことも自分は知らなかった。会うたびに何度もその話をするので、なんか恩を売ろうとしてないか?と思うこともあったが、自分は素直に彼の話を信じる。たびたび飲みに連れて行ってもらった。食には一家言あるひと…

続きを読む

ウィーザーの新作カヴァーアルバム「Teal Album」を聴いた

とあるとても信頼できる筋からこのアルバムが良いとおすすめをいただいて、ウィーザーが出したばかりのカヴァーアルバム「Teal Album」を聴いてみた。サプライズでリリースされた作品とのことだが、もともと最新音楽情報にまったく疎いのは先日書いたとおり。曲目を見て、あまりのベタぶりにただごとでないものを感じた。とくに目につくのが80年代のヒットチャートを賑わせた曲。当時、自発的に聴こうとしなくても死ぬほど耳に入ってきた曲ばかり。a~haだの、マイケル・ジャクソンだの、TOTO、ティアーズ・フォー・フィアーズと、耳タコすぎる楽曲が並ぶ。彼らに影響を与えたレジェンドに対するオマージュとか、そういうものではどうもないような。もちろん信頼できる筋からのおすすめである、聴いてみたらやはりすごい。 Weezer - Take On Me ベタベタな楽曲をウィーザーなりに解釈、料理したものかといえば、そんなものでもなかった。原曲から大きく変わってないアレンジのものがほとんど。ではこれはリヴァースが同世代と古き良き思い出を共有すべく、懐かしのヒット曲を楽しく歌いまくったカラオケアルバムなんだろうか。違う、そんなもの自分は聴けない。本作で自分が一番気に入ったのが、a~ha「Take On Me」のカヴァー。リヴァースの歌い方は決して楽しそうではない。あの「ピンカートン」のリヴァースがちらちらと見え隠れする。あのキラキラ軽いシンセアレンジそのままだからこそ際立つ、痛みを含んだリヴァース節。何だろうなこれは。 …

続きを読む