つぐみ

雨の朝で日課の散歩に出られない。最近、散歩道でつぐみを見かけるようになった。色は茶色~グレー系で地味っぽいけど、お腹のところの水玉というか鱗のような模様が特徴。今朝もつぐみに会いたかったけど、雨の日は休む。つぐみはこんな鳥。(あきた森づくり活動サポートセンターHPより) つぐみといえばスピッツ。年を取ると丸くなると人はよく言うけど、自分は加齢とともに気難しくなってきている気がする。図々しく、攻撃的にもなっているような。全然丸くない。良くない。スピッツのようでありたいと思う。彼らは自分より年上だが、年齢という概念を超越したかのような存在。TFCのジェリーのようだ。いや、若さ至上主義の話ではなくて、年齢は感じさせたって全然いいんだけど、スピッツは加齢に伴う前述のようなイヤさを感じさせない存在だと思うのだ。 息子がスピッツ大好き小学生になってしまい、車で習い事の送り迎えをするときなどによく一緒に聴いている。自分がスピッツを知った頃は「惑星のかけら」が最新作だった。一番好きなアルバムは「名前をつけてやる」。それをよく車でかけていたら息子が気に入ってしまい、しかも一番好きなのがタイトル曲だというから、自分も嬉しくなってしまった。地域の図書館で借りられるスピッツのCDは片っ端から借りて聴いた息子、現時点で一番好きなのは「インディゴ地平線」らしい。あの作品はリアルタイムで聴いて以来ほとんど振り返ることはなかった。「ハチミツ」より後、国民的スピッツになってからは、わりともういいや、という感じで気持ちが…

続きを読む

ブログ名、ファイナルアンサー

宇宙でひとりぼっち。しばらく副題にしていたものをブログ名に昇格させた。立ち上げ時からの名前も気に入ってたんだけど、やはり名前は覚えやすい方がいいと思って。ここからはもう変えないつもり。これからも末永くよろしくお願いします。 昨晩、お酒を飲みながらスマホで自ブログを見るという、自分にしては非常に珍しいことをやってみて、お酒が入ると自分のブログ名が正確に思い出せなくなるとわかった。数字の部分がどうしてもダメ。本人ですら思い出せないような名前はどうかと。だからその場でブログをいじって、一夜明けた今朝あらためて見てみて、やっぱりこれで行こうと決めた。あと気になったのが、スマホでブログを見ると、汚い広告がどうしても目に入ってしまう。PCサイトでは広告をかなり抑止できるのでここSeesaaを利用してるんだけど、スマホ版ではコントロールが利かない。これについては本当に申し訳ないと思う。どちらにしても、自分はスマホであまり長い文章を読む気がしない。SNSが流行るわけだと思う。いつもはPCでテキストを書き、PCでサイトの表示を確認して投稿している。視点を変えると普段見えない欠点が色々と見えるものだ。スマホ版サイトの見づらさについては、もう少しどうにかならないものかな。 創設時からの「独りよがりブログ」という方針も、最近いろいろ考えるところがあり、今朝も少し再考してみた。最初に投稿した記事(ひとりぼっちのあいつ)を読み直した。これが原点。ここでブログ「回帰」と書いたのは、当時まだSNSに片足を突っ込んでい…

続きを読む

The Bird and The Beeについて調べてみたらすごかった、そして西友BGMはまだ生きていた

近ごろ、The Bird and The Beeというポップ・ユニットの「Ray Gun」という曲がとても気に入ってしまったのは、こないだ記事にした。これが入ったアルバム「Ray Guns Are Not Just the Future」もほとんど全曲好きになってしまって、もう毎日聴いている。そこまでくると、彼らの実体に関する情報も知らないわけにはいかなくなって、ちょっと調べた。とても魅力的な声のシンガー、イナラ・ジョージは、ローウェル・ジョージの実の娘さんなのだという。もちろんイナラが幼いうちに父ローウェルは亡くなってしまったわけだが。名付け親がジャクソン・ブラウンだったり、ヴァン・ダイク・パークスとアルバムを作っていたりと、意外とクラシックロックな名前がずらずら出てくる。自分はこの人の声のかすれ具合からゾンビーズのコリン・ブランストーンをちょっと感じる。聴いていてとても気持ちいい声。 そのイナラとコンビで音楽を作っているのは、グレッグ・カースティン。情報に疎いので知らなかったけど、この人、当代の売れっ子プロデューサーであった。ベックの「Colors」やフー・ファイターズの新作をプロデュースしたばかりか、ポールの最新作「Egypt Station」までこの人がプロデュース!ポールとアイディアを出し合いながら「Egypt Station」を制作した様子をグレッグが語るインタビュー記事もあった。 ポール・マッカートニーの新作『エジプト・ステーション』、プロデューサーが語る制作秘話 …

続きを読む