梅雨の庭あれこれ

今日で6月も終わり。この時期の植物はどんどん成長するので、ブログに載せようと写真を撮っても、もたもたしているうちに日々新しい姿に変わっていく。今回の記事に載せる写真は、どれも今日撮影したもの。 今年夏の庭の主役は、前回記事にも載せたキュウリ。ここ数年、夏にメインで育てていたのはトウガラシとオクラで、アオイ科のオクラが咲かせる美しい花は夏の大事な楽しみだったのだが、今年は違うことをやりたくなった。トウガラシもオクラも基本的に暑い土地で本領を発揮する植物であり、この寒冷地で育てていると色々やきもきと気をもむことが多かった。今年はもっと気楽に、そして自然にやってくるものを拒まない受け身の姿勢でやりたいのだ。キュウリの葉がどんどん広がって手のひらより大きくなっている。キュウリを育てるのは初めてなので、収穫が楽しみ。 前に載せた先週の写真よりさらにキュウリらしくなっている 今年から、園芸にビニールやプラスチック、金属など土に還らないものは極力使わないようにしている。キュウリの支柱は竹の棒。株元には、保温と保水のためにビニールのマルチでなく敷き藁を使ってみた。自生植物も主役の生育の妨げにならない限りは引っこ抜かずになるべく共存させるようにしていて、敷き藁のすき間から自生コスモスがたくさん伸びている。今のところ、キュウリの育ち具合はごく順調なのでこのままにしている。コスモスが高く伸びすぎないように、てっぺんを切る摘芯はしている。早くもコスモスの可愛い花が咲き始めて、この眺めを自分は…

続きを読む

あおいちゃんがやってきたヤァ!ヤァ!ヤァ!

決まるときは突然に決まる。新しく子猫をもらい受けて育てることになった。21年間ずっと一緒に過ごしてきた老猫様が亡くなって4歳の雄猫ひとりになり、家にぽっかり穴が空いてしまった。猫2匹で長年やってきたので、いつか近いうちに新しい子猫を迎え入れようとは考えていた。もらい手を探している生後2か月ぐらいの女の子の猫ちゃん、いないかなあと思ってはいたが、まだそれほど本気で探していたわけではなかった。寂しさを感じながら何となく過ごしていた。 一昨日のこと、こちらで暮らし始めてからいつもお世話になっている近所の獣医さんと、朝の散歩中にばったり行き会った。老猫様が亡くなってから獣医さんに行く用事がなくなり、久しぶりに会ったので、少し長めに立ち話をした。いい子猫がいたらと思っている話をそこで初めてして、散歩から帰宅したら、午前のうちに電話がかかってきた。まさに希望どおり、生後2か月ぐらいの女の子の猫ちゃんが里親を探しているというのである。捨て猫だったその子を保護して育てていらっしゃる先方と連絡を取り、写真を送ってもらい、即決。翌日のお昼前にその方が自宅まで来てくださり、子猫ちゃんはうちの子になった。ケージから出されて対面した途端に懐いてくれて、新しい家にもすぐ慣れ、フードを食べて水を飲み、トイレもちゃんとしてくれた。とても賢く、そしてとんでもなく可愛い。みゃーみゃー鳴きながらあちこち走り回り、盛んに遊びまくっていたかと思うと、こてんと眠ってしまう。可愛すぎる。名前はまだ決まったり変わったりしているが、当ブログ…

続きを読む

Neil Young & Stray Gators「Tuscaloosa」

ニール・ヤングのライブ発掘シリーズ、今月になってまた凄いのが出ていた。タスカルーサはアラバマ州の都市名だそうで、この地で行われた73年のライブ、「ハーヴェスト」のレコーディングメンバーそのままのストレイ・ゲイターズがバックバンドである。同作からは「Out On The Weekend」「Harvest」「Heart Of Gold」「Old Man」「Alabama」をやっていて、どれも本当にいい。こういう、大好きなアルバムが録音された直後に同じメンバーで演奏されるライブ、非常に好きである。「今宵その夜」の「Roxy」もそうだったけど、そのアルバムの雰囲気を同じ演奏者でそのまま再現しながら、ライブだから微妙に違うというのがとても惹きつけられるところ。 Neil Young + Stray Gators - Out on the Weekend (Official Live Audio) 「ハーヴェスト」の音質は全体に霧がかかったようにくぐもっていて、近年のリマスター盤を聴いても印象は同じなので元々そうなんだろうが、このライブ盤では目の前で演奏しているように生々しい音。とくに「Out On The Weekend」は、ぐっと落ち着いたテンポでどっしり演奏していて、しみじみとすばらしい。アルバムの頭にソロで2曲やった後、ニールが「次は友達と演奏するよ」と言いながらこの曲のリフを刻み始め、おもむろにバンドが入ってくるところが本当に最高。「Harvest」はイントロでメンバー紹介を織り込みなが…

続きを読む