ジョージが26歳の誕生日にひとりで録音した3曲

アビー・ロード50周年記念盤は、新ミックスと各曲の未発表バージョンが入った2枚組を購入した。その記念盤のライナーを読んでいたら、自分が当ブログに先日載せた記事で、記念盤に収録の「Something」スタジオデモについて書いた箇所に間違いがあったことに気付いたので、当該記事をこっそりと訂正したところである。この演奏はアンソロジーとは別テイクだろう、ピアノと一緒に演奏し直したものだと思う、なんて書いてしまったが、昨晩よくよく両者を聞き比べてみたところ、ギター弾き語りのテイクはどうやら同じのようだ。そして、このデモがテープに残された1969年2月25日、ジョージ26歳のお誕生日の録音はジョージがひとりで行っていたのだ。ピアノもジョージが後から自分の弾き語り演奏にかぶせて録音したものらしい。こんな風に、事実関係をろくに調べずに自分の憶測や思い込みのみで適当に書いているブログである。外からの反応も受け付けていないので書いてる本人が気付かない限り訂正もされない。記事の内容はあまり鵜呑みにしない方がいい(他人事・開き直り)。 そのジョージ26歳のお誕生日記念に録音されたのは「Something」「Old Brown Shoe」「All Things Must Pass」の3曲。それぞれかなり違った運命をたどることになるが、一番地味な「Old Brown Shoe」は公式バージョンの短いシャープなギターソロが格好良い。こういう考え抜かれたフレーズを無駄なく凝縮したコンパクトなソロが自分は大好きである。ビート…

続きを読む

Here Comes The Sun

ビートルズの「Abbey Road」がイギリスで発表されたのが1969年の9月26日。その中の一曲として「Here Comes The Sun」が世に出て、昨日で50周年。幼少の頃からビートルズの曲は「ポンキッキ」で断片的にコラージュされていたり、あちこちで流れていたりして無意識のうちに耳にこびりついていたけど、ビートルズというバンドの楽曲として「Here Comes The Sun」を知ったのは、10歳の頃だった。当時の自分は、父親がラジオから録音していた50~70年代英米ロック・ポップス特集のテープにどっぷりはまり込んでいたのだが、その中に「Here Comes The Sun」も入っていた。あれから35年以上が過ぎたけど、この曲が好きじゃなかったことは一瞬たりともない、と言い切れる。小学4年生の頃から一貫して愛し続けている、自分の基調としていつも流れている音楽。あらゆる音楽の中で自分にとって一番重要な曲である。 The Beatles - Here Comes The Sun (Official Video - 2019 Mix) 50周年に合わせて公開された公式ビデオ、この記事を書いているいまはじめて見たけど、すごくいい。インド神話からの引用らしき文章の一節と挿絵が入った美しい便せんにジョージが綴った歌詞の手書き原稿が、映像の中で素敵にフィーチャーされている。この曲への愛情が込められた映像だと思う。 ジョージの手書き歌詞原稿、アンソロジー本より 自分にとってこの…

続きを読む

コッカマミー・ビジネスはいつまで続く/続けられるのか

地球温暖化対策の必要性を訴え続け、スウェーデンから2週間かけてヨットで大西洋を渡り、ニューヨークの国連温暖化対策サミットで各国代表を前に怒りの演説をした16歳の少女。ニュース写真で見る彼女の視線が刺さって仕方がない。日本で消費生活をしている以上、自分も同罪のそしりを免れることはできない。しかも自分はここ数年、何度も飛行機に乗って太平洋を往復している。2週間の出張仕事のために、片道2週間の航海をすることは自分にはできない。大人がもっと本気になって対策に取り組まなければならないのに、もたもた先延ばしにしている間に、一番深刻な当事者である現代の未成年たちにしびれを切らされてしまった。自分の息子の世代がこれから暮らす世界の問題である。大人のあなた方が真剣に取り組まないのは、先にこの世を去るだろうあなた方にとって本当に深刻な問題ではないからだ、と怒りの刃を突きつけられた気がした。 すでに大人達から嘲笑や中傷が少女に向けられ始めているらしい。しかもアメリカの大統領が率先して当てこすり発言をしていて、あらためて今暮らしている世界はどういう世界なのかと思う。今の生活を何も変えたくない、現状のままで問題ない(少なくとも自分らが生きている間は)、警鐘なんか鳴らされるのはビジネスの邪魔、うるさい、という考え方。さんざん散らかした後片付けを子供の世代にすべてやらせようということ。さすがにここまで無思慮・傲慢にはなれない。普通なら友達と一緒に学校に通っているべきだった女の子を、あんな風にたったひとりで全世界の矢面に立…

続きを読む