リアル書店に「碑」は残された~2年経つ「世界一のクリスマスツリー」について、つらつらと

「世界一のクリスマスツリー」とは。2年前、2017年のクリスマスに、神戸で「鎮魂」の名の下に起こってしまった、とても残念な出来事だった。一本のヒノキアスナロの大木が富山県氷見の山中からはるばる神戸まで運ばれた。阪神淡路大震災で犠牲になられたたくさんの方々の「鎮魂」のため、樹齢150年という老木が神戸メリケンパークに立つ。一見これは「いい話」に見える。自分は最初、その木がそこに移植されて生き続け、末永く神戸を見守るものと思っていた。しかし甘かった。その老木はすでに運搬前に根の大部分を切られ、長くは生き延びられない状態だった。もとから移植の予定などなく、主催者が企画していたクリスマスのイベントが終わったらさっさと切り刻まれ、材木は記念品として売られるという運命が決まっていたのだ。「落ちこぼれのアスナロが世界一になる」という、そもそもアスナロでもないし何の世界一だかもよくわからないあまりにも安易なストーリーが主催者によってかぶせられて、立派な大木の生命はもてあそばれた。抗議の声が上がった理由は「木がかわいそう」だったから、ではない。氷見の地で150年生きてきた立派な老木の生命を「落ちこぼれ」などと愚弄したこと。そして何よりもいけないのは、悲惨な震災に対する「鎮魂」という言葉を空虚なイベントのキャッチフレーズに使い、被災された方々が20年以上、表沙汰にせずひっそり奥深くに抱えていた心の傷を無思慮にえぐったことだった。 自分のTwitter生活が終わりに近づいていた2017年の11月、Twitterで…

続きを読む