ELOとジョージと「オペラ座の怪人」

今月初めにリリースされたジェフ・リンズELOの新作「From Out Of Nowhere」、楽しんでいる。すべて3分台の曲が10曲、全体で32分というコンパクトな作品だけど中身は詰まっている。前作「Alone In The Universe」はミディアム~スローなテンポの曲が並んでいて、内面にぐっと入り込んでくる作品だったけど、今作はもっと外向的で気軽に楽しめる曲が多い気がする。中でも「One More Time」は「Roll Over Beethoven」ばりのアップテンポなロックンロール。自分はELOというバンドよりもジェフ・リン個人が大事な存在なので、ワンモアタイム、ELOをもう一度、ということよりも、間奏で流れるもの悲しいメロディーに耳を掴まれ、心を奪われてしまう。何だっけ、これ。このメロディー、どこかで聴いたことがあるのだ。しかも、ジョージが絡んでいる気がする。 Jeff Lynne's ELO - One More Time (Official Audio) 1:15あたりがそのフレーズ 最初聴いたときはわからずじまいだったが、2回目で思い出すことができた。ジョージとジェフ・リンが一緒にやった、トラベリング・ウィルベリーズの「You Took My Breath Away」のエンディングに出てくる、ジョージのスライドソロだ。まさに、息をのむような美しいスライド。この曲もこのソロも、大好きなのである。 You Took My Breath A…

続きを読む