「Something」の英国盤シングルが出て50周年、と1日

11月は18年前にジョージが亡くなった月。お誕生月の2月と並んで、ジョージのことをいつもよりさらに多く思う月である。昨日、10月31日はジョージの「Something」がアビー・ロードからシングルカットされて英国で発売された日だった。昨晩たまたま気が付いたのだが、昨日でリリース50周年である。ジョージの曲がシングルA面に選ばれたことはもちろん、アルバムの発売より後に、そのアルバムからカットされたシングルが本国イギリスで出ることも、ビートルズ現役当時は「Something」が最初で最後だったという(これ以外は先行発売かアルバムと同時)。昨晩読んだ「レコーディング・セッションズ」によると、このビートルズとしては異例のリリースは、当時ポールと対立しながらマネージャーに就任したアラン・クレイン(アレン・クライン、アレン・クレインなど色々な表記があるようだが、自分が知ってるのはこの名前)が「アメリカ流のやり方で」金儲けをするためだったとのことだが、「Something」の英語版Wikipediaを見ると、この記述に対するアラン・クレイン本人からの反論という言葉が載っていた。これをシングルとして出したのは、「Something」をアルバムの中で最高の曲だと高く評価していたジョンの提案であって、ジョージを作曲家として世界に知らしめ、ソロアルバムの制作に取りかかるように勇気づけるためだったという。そうだとすると、当ブログで先日書いた、お誕生日にひとりでデモを録音したジョージの決意が、ジョンにはしっかり届いていたということになる。いずれにしても、ジョージが作った曲が初めてナンバーワンになった、記念すべきシングル。



一方、今のところジョージが最後に放った全米ナンバーワンヒットは、ご存じ「Got My Mind Set On You」である。シングルはアルバムに先行して1987年の10月前半に出ていたようだが、この曲を含むアルバム「Cloud Nine」が英国で発売されたのは1987年11月2日、本日から32年マイナス1日前のことだった。当時の自分は高校生で、このアルバムにはリアルタイムで接していて、秋冬に出た印象が記憶に残っていた。当時、実家で取っていた新聞に毎週載るビルボードのトップ10チャートは必ず読んでいて、まさかリアルタイムでジョージが1位を取るとは夢にも思っておらず、あのときは本当に嬉しかった。あれは年が明けた88年1月のことだった。ジョージがトップになったチャートをいつもの新聞で見たときの、誇らしいというか何というか不思議な気持ちは今でも克明に覚えている。あれから32年なんて、数字が大きすぎないかと思う。時間が経ちすぎである。

「セット・オン・ユー」のプロモーション映像には2バージョンあるが、ジョージらしいシャレの効いたこちらのバージョンが断然最高である。衝撃の「バク転」シーンに震えずにはいられない。



そして本日、2019年11月1日は、ジェフ・リンズELOの4年ぶりの新作「From Out Of Nowhere」のリリース日。言うまでもなく、ジェフ・リンは32年前のジョージ大復活の立役者。Spotifyに新作の全曲が上がっているのもさっき確認した。2曲が先行して公開されていて、タイトル曲はすでに何度も聴いて脳内再生曲として自分内にしっかり定着している。アルバムの全貌を聴くのはあとにする。すでに予約してあるCDが届いてから、ゆっくり落ち着ける時間に聴く。前作「Alone In The Universe」はとても大切な作品。今回の新作も、まずは宇宙でひとりぼっちの時間に、CDパッケージを眺めながら集中してじっくり聴きたい。