インド日記2006年11月:日本、それほど有名ではなかった

この日記によれば、2006年当時ムンバイで暮らす日本人はたったの200人台だった。現在は1000人以上に増えているようだが、ムンバイ都市圏全体で人口2000万人超。いずれにしても日本人は何万人に1人というかなりレアな人種であることは間違いない。だがそこは多様性のありすぎるインド、自分は異国から来たエイリアン扱いされることはなく、インド人の一種として当たり前にヒンディー語で話しかけられた。

異国にいると自分が日本人であることを否が応でも意識させられる。和食や日本の風土が懐かしくて仕方ない。日本にいるときは世間と自分の食い違いにばかり目が行き、この国には合わない人間なんだ、と思い込んでいたが、外に出てみればどっこい、行動パターンなど諸々がどうしようもなく日本人である自分に気付かされる。何だかんだ言っても自分が生まれ育った土地が結局好きなんだ、ということもよく分かった。こういう気持ちを国家への忠誠に置き換えようとする「愛国心教育」にはまったく賛成できないが。

ムンバイにいて気が付いたことは、思っていたほどここでは日本が有名ではないことだ。どこの国から来たか聞かれることも多いが、当てさせてみると、中国、韓国、ネパール……ときて日本が出てこないこともしばしば。「サヨナラ」という日本語を知っている人は多いが、これはもう40年も前の東京オリンピックの時代に日本ロケで撮られたインドでは有名な映画、「Love in Tokyo」の挿入歌に「サヨナラ」という曲があってヒットしたから(この曲もどちらかというと中華風)。日本においてインドは少なくとも「カレーの国」として広く認識されているが、こちらではそういう誰もが一発で分かる「日本」のキャラクターが今ひとつ確立されていないようだ。この一千万を超える人々のひしめく大都会の中で、在留邦人はたった200人台だそう。観光客もほとんど見かけない。こんなに少なければ影が薄いのも当然か。



そういえばこの間、ショッピングモールの中で在留邦人の方々と少し立ち話をする機会があり、「今後もどうぞお見知りおきを」とお互いにお辞儀をしていたら、近くにいたまったく知らないインド人の女性が笑い顔で勝手にお辞儀に参加し、去っていったのでおかしかった。インドのテレビや映画で見る「典型的」日本人風の人たちはよくペコペコとお辞儀をするので、本当にしている日本人たちを見て物珍しかったんだろう。日本では在日インド人の姿が目に見えて増えてきていたが、こちらにも日本人がもっとやってきてお辞儀をしまくったらもう少し日本の存在感も増すことだろう。それはそれでちょっとうるさいけど。

CIMG2616.JPG
インドでも有名な日本人、クロサワ先生(右端)。ジュフーの映画館にて。