定点観測の梅、夏は一週間でいいかもしれない

前回の定点観測記事から1カ月以上空いてしまった。梅雨が明けたら真っ青な夏空に映える梅の木を載せよう、なんて思っていたが、梅雨はなかなか明けず、8月に入ってようやく夏になった。長梅雨の最中にはちょっと太陽が恋しかったが、いったん夏になってみるとやはり暑いのはしんどい。華麗なる加齢とともに夏の日差しが年々つらくなっていく。うっかり朝の散歩で強い日光に長時間さらされると、残りの一日はまったく腑抜けになってしまう。日差しの強い日は起きてからすぐ、朝食前に散歩に出てしまうことも考えている。夏が全然来ないのも考え物だが、暑すぎる夏が長く続くのも御免被りたい。もはや、真夏の太陽は一週間でいいかも。ぎらぎらの太陽の下、ああ、一年にはこんな季節もあったな、と一週間ぐらい思い出させてもらった後、何ならすぐに秋に突入してくれても自分は差し支えない。こんなアホなことを考えてしまうのも、夏のせい。 今朝は曇り空で日差しがなく、わりと快適に散歩と定点観測ができた。もちろん前回記事では完熟だった梅の実は一つ残らず落ちて、緑色の葉が茂るばかりの梅の木。小学校は夏休みの日曜日で、木のそばにある綺麗に水が張られたプールには誰もいない。夏休みが始まってからまだ日が浅いけど、あと一週間ちょっとでまた子供たちが小学校に戻ってくる。こんなに短くて、行動も制限された夏休みだけど、子供たちにとっては目一杯楽しいものでありますように。 散歩道の朝顔

続きを読む

ヘブンリーブルーだと思っていた朝顔の花が咲いたら

昨年、八町きゅうりと一緒に苗を買って庭で育てた青い朝顔、ヘブンリーブルー。本当に爽やかなブルーの大きな花がたくさん咲いて、夏から秋にかけてるこう朝顔と一緒に楽しませてくれた。下の写真は、昨年7月。 ヘブンリーブルーが秋に枯れた後、種を取って今年も蒔いた。ヘブンリーブルー2世は発芽して順調に育ち、今朝めでたく開花。またあの青い花に出会える、はずだった。 ええ?大きく開いた1輪目の花は、どう見ても紫。なぜにブルーでなくパープル?ぱっと見たとき、庭によく自生してくる紫の野生朝顔が出たのかと思ったが、近くで見ると花はもっと大きく、青い縁取りがある。野生種とは葉の形も全然違う。調べてみると、青い花は酸性/アルカリ性のバランスで紫に変わるというので、そのせいなのかと思いかけたが、昨年育てていたヘブンリーブルーの写真を見直してみたら、花が違う理由がわかった。写真にあるヘブンリーブルーとは葉の形もまったく違う。つまり、そもそも自分は、全然別物の朝顔を育てていたのだ! 似たような朝顔を画像検索してみたら、小学生のお子さんがいる方のブログが出てきた。学校の課題で育てていた朝顔が綺麗に咲いたという。そうなのだ、実はヘブンリーブルーの種取り、小学生の息子に任せていた。今年の春になって、種蒔きをしたいから去年のヘブンリーブルーの種を出してくれと息子に言ったら、茶封筒の集金袋に入った種を渡された。何の疑問もなくそれを蒔いたのだが、きっとそれは息子が学校から持って帰ってきた朝顔の種だっ…

続きを読む

キュウリ続々収穫に喜ぶも、ブヨに刺されてとてもつらい

なかなか明けない梅雨空の下、前回記事の後も八町きゅうりは毎日順調に育ち続けている。先週金曜日の朝に最初の1本を収穫してさっそく朝食に美味しくいただいた。 今朝は、さらに3本を一気に収穫。後続も次々にできているので、しばらくスーパーでキュウリを買う必要がなさそう。とても嬉しい。一番長いもので20センチに届く立派なキュウリができた。 キュウリの支柱を立てるときは、まだ苗が小さいうちなので、本当にこんなに高くまで伸びるのかね、ハハ、と思いながら組み上がった支柱を眺めるのだが、いったん成長モードに入ると見る見るうちにぐんぐん伸びていき、すでに竹棒の半分以上の高さに達している。てっぺんまで届くのもあっという間だろう。 オクラも3本ずつぐらいコンスタントにできるようになったし、大葉は毎日わさわさだし、庭の作物たちは雨降り続きでもすこぶる順調なのだが、お世話している人間は近ごろ困った問題を抱えてしまった。先週のいつか、どうやら頭をブヨに刺されてしまったらしく、徐々に痛みと痒みが増してきて、先週末あたりからは相当つらい。刺されたときは帽子もかぶらなかったのか、頭髪の中まで刺されて(いや、そんなに少ないわけではなく、短髪なのである)、眉毛の端から頭にかけて数カ所の痛痒さがなかなか引かない。 ご覧のように狭い庭にキュウリを密に植えて育てているので、お世話をするときはどうしても茂みに潜り込む感じになる。そこでやられたようだ。今朝もキュウリの様子を見ていたら、に…

続きを読む