12弦ギター Agony Aunts Amazon elo Magic Gang Quasi RCサクセション SMALL FACES sub pop The Corner Laughers THE SHINS twitter Uberタクシー XTC YMO るこう朝顔 アウト・オブ・マイ・ヘアー アフガニスタン アメリカ アルバート・ハモンド アル・ヤンコビック アンディ・パートリッジ アンドレア・ペリー イギリス イチリンソウ イナラ・ジョージ イマジン イラク戦争 インド インド古典音楽 インド旅行 インド音楽 イーディー・ゴーメ ウィーザー ウォークマン ウォータークローバー ウクレレ エアコン エリオット・スミス エリック・クラプトン エレファントカシマシ オウズリー オダマキ オノ・ヨーコ カラス ガリーボーイ キュウリ キンクス ギター クイーン クサノオウ クリフ・リチャード グレッグ・カースティン ケーキ コスモス コートニー・バーネット サイモン&ガーファンクル サニーデイ・サービス サンシュユ サンフランシスコ ザ・バード・アンド・ザ・ビー シノグロッサム シフォンズ シロタエギク シンズ ジェフ・リン ジェンダー ジャンゴ・ラインハルト ジョアン・ジルベルト ジョン・ディーコン ジョン・レノン ジョージ・ハリスン ジョー・ブラウン ストレイ・ゲイターズ スピッツ スモール・フェイセズ スライドギター スレイド セロニアス・モンク ゾンビーズ タチアオイ ダライ・ラマ14世 チャーリー・ヘイデン チューリップ チープ・トリック ティーンエイジ・ファンクラブ ディーヴォ デイヴ・グレゴリー デュアン・エディ デヴィッド・ボウイ トケイソウ トム・ペティ トラベリング・ウィルベリーズ トリカブト ドクダミ ドライブ ドラム ナナカマド ニリンソウ ニルヴァーナ ニンニク ニール・ヤング ハルジオン ハル・ブレイン ハンク・ジョーンズ バイク バウル バンド バーズ バーデン・パウエル パクチー パッションフルーツ ヒメジョオン ビッグ・スター ビッグ・ビル・ブルーンジー ビーチ・ボーイズ ビートルズ ピクシーズ ピーズ フィニアス・ニューボーンJr. フィルモア フリートウッド・マック ブックオフ ブライアン・ウィルソン ブライアン・ジョーンズ ブラジル ブルース・ブラザーズ プリンス ヘビイチゴ ヘブンリーブルー ベック ベース ホリーズ ボブ・ディラン ポール・サイモン ポール・マッカートニー マジック・ギャング マルバルコウ マンゴー マンテマ ミシシッピ・ジョン・ハート ミョウガ ムラサキケマン ムンバイ メダカ メラトニン モンスーン ヨウシュヤマゴボウ ライブ ラジオ ラダック ラヴィ・シャンカル ルッコラ レイ・ブライアント レディオヘッド ロジャー・マッギン ローズマリー ローリング・ストーンズ 不耕起栽培 世界一のクリスマスツリー 中古レコード 中川五郎 中村一義 中村哲 仕事 千葉 千葉県 反戦 台風 園芸 園芸メモ 地球温暖化 夏目漱石 夢は世界平和 奈良美智 定点観測 宮沢賢治 小松菜 岡本太郎 平和 廃駅 忘れな草 敷き藁 新宿リキッドルーム 映画 曽我部恵一 有川ひろ 本秀康 東京 松代城 梅酒 植物 正月 歯医者 水不足 海外生活 溶連菌 漂着船 災害 牧範之 牧野富太郎 真田信之 睡蓮 紅葉 耳石 自分語り 芙蓉 荒井由実 落花生 薄口醤油 西友 親父ロック部 訳詞 誕生日 読書 賛美歌 赤玉ねぎ 鉄道 長野電鉄 雨期 震災 鮎川誠

ジョージの命日と「Behind That Locked Door」の、個人的な思い出

ジョージが亡くなったのは18年前の11月29日、日本時間では30日早朝。訃報がこちらに伝わったのは30日午後、自分の部屋で仕事中のときだった。闘病中だということは知っていたが、まだ50代のジョージ、治療を受けながら健康的な生活をして、踏ん張ってくれるものと根拠もなく信じていた。そんなに早く本当に亡くなってしまうとは予期しておらず、受け入れられない気持ちのまま、ジョージの曲を集めたプレイリストを作ってシャッフルで流した。ビートルズのジョージ曲、ソロ、ウィルベリーズ。特にジョージファンの友人もいないし、当時はオンラインでジョージ話ができる人もなく、部屋でひとり黙って呆然と過ごしていた。もともと自分は感情の動きがストレートでなく、泣くこともめったにない人間である。大切なジョージの予期せぬ訃報を受けて、どうしたらいいかわからなかった。もちろん仕事も手につかず、何もできない。 Behind That Locked Door シャッフルで流していたジョージプレイリストから「Behind That Locked Door」が選ばれ、「どうしてまだ泣いているの?苦しみはもう終わったんだよ」という言葉を歌うジョージの声が聞こえてきたとき、自分はようやく泣くことができた。この歌い出しが、いまこの世を去っていくジョージからの声に聞こえたのだ。なんて優しい歌なんだろう。この曲に込められたジョージの優しさがそのときはじめて本当に伝わった気がして、素直に悲しみの感情が解放されたのである。それからは夜まで本気で泣い…

続きを読む

ジョージのストリングスの曲げ方

ジョージの命日はあさって11月29日。日本時間では30日の早朝。今朝は、去年の命日に音楽サイトuDiscoverに出た追悼記事を読んで、口々に語られるジョージの慈愛あふれる人間像にあらためてしみじみしていた。 ジョージ・ハリスンの家族や友人、ロックスターらが振り返るジョージについての19のコメント この中に出てくるエリック・クラプトンのコメントに、「彼のストリングスの曲げ方も気に入ってたよ」という表現があって、ここはちょっと「?」と引っかかるところである。ギターをやっていないと意味がわからない表現だけど、この「ストリングスを曲げる」というのは、ギターの弦をフレット間で押さえながら曲げることで音を変化させる、いわゆるチョーキング奏法のことだと思う。英語ではチョーキングでなくベンディングと言われることが多いようで、おそらくクラプトンが「弦をベンドする」と言ったのを「ストリングスを曲げる」と訳したのだろう。ギターはフレット楽器なので基本的にはピアノと同じように半音刻みの音階が出るのだが、チョーキングを使うと段階のない滑らかな音の動き、ポルタメント効果が出せる。いわゆる「泣き」のブルースギターには必須のテクニック。クラプトンはもちろん、この奏法の達人である。クリームのライブビデオに入っていた、クラプトンによるギターレッスンみたいなインタビュー映像、ブルースロックギターを躍起になって練習していた頃は繰り返し見たものだった。以下の動画である。2:30あたりからビブラートをかけたチョーキング奏法をち…

続きを読む

訳詞:Traveling Wilburys「End of the Line」

作曲クレジットはウィルベリーズの5人だけど、ジョージがメインとなって書かれたと言われている。歌詞を読んでも、ここにはジョージがいると感じる。一番大切なのは、ともに歩み、許し合うこと。鳴らない電話をひたすら座って待ち続けるより、道が続く限りどこまでも、果ての果てまで終わりのない旅に出たい、いつの日か。 大丈夫、そよ風に吹かれて乗り回していれば 大丈夫、したいことをして楽しく生きていれば 大丈夫、いつでも最善を尽くしていれば 大丈夫、君が手を貸してくれれば ただ座って電話が鳴るのを待っていてもいいさ(電話線の向こうで) 言ってほしいあれこれを誰かが伝えてくれるのを(電話線の向こうで) 未来が何を運んできてくれるのかぼんやり考えながら(電話線の向こうで) ダイヤの指輪かもね 大丈夫、お前は間違っていると言われたって 大丈夫、強くならなきゃいけないときもあるのさ 大丈夫、どこか横になれる場所があれば 大丈夫、毎日が裁きの日なのさ たぶん君はどこか遠い道のりの先で(路線の向こうで) 僕のことを思い出すかもね、今ごろどこにいるのかなって(路線の向こうで) あの道のりの先で、誰かが演奏してるのを聞いたときに(路線の向こうで) 「紫のけむり」を 大丈夫、乱暴に押しまくられても 大丈夫、愛する人がいれば 大丈夫、すべてうまくいくさ 大丈夫、僕らはあの道の果てに向かっているんだ 僕が乗ってきた車のことは気にするなよ ここに来られてただただ嬉しい、生き…

続きを読む

定点観測の梅、オータム・リーブス

11月も後半に入って冬への駆け足が始まってきた。日はどんどん短くなる一方だし、冷える日はとても冷える。灯油の消費はすでにかなりのペース。毎年シベリアから来る冬の渡り鳥が今年もやってきたし、散歩すれば紅葉・黄葉がそこかしこで真っ盛りである。イチョウは落葉が始まって、大きなイチョウの下の歩道は黄色いじゅうたん。 定点観測の梅は、紅葉を通り越して枯葉が目立ってきた。2016年来日公演でのボブ・ディランじゃないが、脳内ではちょっと油断すれば「枯葉」が感傷的に歌い上げられる季節である。 毎年、この何となくもの悲しい気分とともに、ジョージの命日が近づいてくる。最後のアルバム「Brainwashed」が発売されたのは2002年11月18日ということで、上の梅の写真を撮った昨日が発売17周年。亡くなってからは、もうすぐ18年。 George Harrison - Stuck Inside A Cloud

続きを読む

ELOとジョージと「オペラ座の怪人」

今月初めにリリースされたジェフ・リンズELOの新作「From Out Of Nowhere」、楽しんでいる。すべて3分台の曲が10曲、全体で32分というコンパクトな作品だけど中身は詰まっている。前作「Alone In The Universe」はミディアム~スローなテンポの曲が並んでいて、内面にぐっと入り込んでくる作品だったけど、今作はもっと外向的で気軽に楽しめる曲が多い気がする。中でも「One More Time」は「Roll Over Beethoven」ばりのアップテンポなロックンロール。自分はELOというバンドよりもジェフ・リン個人が大事な存在なので、ワンモアタイム、ELOをもう一度、ということよりも、間奏で流れるもの悲しいメロディーに耳を掴まれ、心を奪われてしまう。何だっけ、これ。このメロディー、どこかで聴いたことがあるのだ。しかも、ジョージが絡んでいる気がする。 Jeff Lynne's ELO - One More Time (Official Audio) 1:15あたりがそのフレーズ 最初聴いたときはわからずじまいだったが、2回目で思い出すことができた。ジョージとジェフ・リンが一緒にやった、トラベリング・ウィルベリーズの「You Took My Breath Away」のエンディングに出てくる、ジョージのスライドソロだ。まさに、息をのむような美しいスライド。この曲もこのソロも、大好きなのである。 You Took My Breath A…

続きを読む

「Chains」のジョージは声がかすれている

毎日の作業が夜遅くに終わってから布団に入るまでの時間、パソコンの電源を切って部屋の明かりも落とし、レコードを聴くのが最近の習慣。かつてはそんな時間にチューハイをがぶ飲みしていたが、毎晩常習的にアルコールを摂取するのをやめた代わりに、集中して音楽を聴くことが増えた。先日はビートルズの「Please Please Me」をかけた。これこそ何千万回聴いたかというものだが(言い過ぎである)、その晩に聴いたときは「Chains」を歌うジョージの声が少しかすれているのが耳に引っかかった。ジョージのガラガラ声といえば1974年の「Dark Horse」で、多忙なスケジュールと私生活トラブルの中で制作されたために荒れた声で歌わざるを得なかったのだが、「Chains」を歌うジョージもわりとハスキーな声なのだ。 Chains (Remastered 2009) このアルバムでジョージがリードヴォーカルを取るもうひとつの曲、「Do You Want To Know A Secret」では澄んだ声で歌っている。アルバムに収録されている14曲のうち10曲が1963年2月11日、たった1日のセッションで録音されたことは周知のとおり。アルバムのB面ラストを飾る「Twist And Shout」は録音順も最後で、ジョンが喉を潰しながら渾身のシャウトを決めた。ジョージの喉に疲れがうかがえる「Chains」も最後のほうに録音されたのかな、とおなじみのバイブル「The Complete Beatles Recording …

続きを読む

もっと見る