12弦ギター Agony Aunts Amazon elo Magic Gang Quasi RCサクセション SMALL FACES sub pop The Corner Laughers THE SHINS twitter Uberタクシー XTC YMO るこう朝顔 アウト・オブ・マイ・ヘアー アフガニスタン アメリカ アルバート・ハモンド アル・ヤンコビック アンディ・パートリッジ アンドレア・ペリー イギリス イチリンソウ イナラ・ジョージ イマジン イラク戦争 インド インド古典音楽 インド旅行 インド音楽 イーディー・ゴーメ ウィーザー ウォークマン ウォータークローバー ウクレレ エアコン エリオット・スミス エリック・クラプトン エレファントカシマシ オウズリー オダマキ オノ・ヨーコ カラス ガリーボーイ キュウリ キンクス ギター クイーン クサノオウ クリフ・リチャード グレッグ・カースティン ケーキ コスモス コートニー・バーネット サイモン&ガーファンクル サニーデイ・サービス サンシュユ サンフランシスコ ザ・バード・アンド・ザ・ビー シノグロッサム シフォンズ シロタエギク シンズ ジェフ・リン ジェンダー ジャンゴ・ラインハルト ジョアン・ジルベルト ジョン・ディーコン ジョン・レノン ジョージ・ハリスン ジョー・ブラウン ストレイ・ゲイターズ スピッツ スモール・フェイセズ スライドギター スレイド セロニアス・モンク ゾンビーズ タチアオイ ダライ・ラマ14世 チャーリー・ヘイデン チューリップ チープ・トリック ティーンエイジ・ファンクラブ ディーヴォ デイヴ・グレゴリー デュアン・エディ デヴィッド・ボウイ トケイソウ トム・ペティ トラベリング・ウィルベリーズ トリカブト ドクダミ ドライブ ドラム ナナカマド ニリンソウ ニルヴァーナ ニンニク ニール・ヤング ハルジオン ハル・ブレイン ハンク・ジョーンズ バイク バウル バンド バーズ バーデン・パウエル パクチー パッションフルーツ ヒメジョオン ビッグ・スター ビッグ・ビル・ブルーンジー ビーチ・ボーイズ ビートルズ ピクシーズ ピーズ フィニアス・ニューボーンJr. フィルモア フリートウッド・マック ブックオフ ブライアン・ウィルソン ブライアン・ジョーンズ ブラジル ブルース・ブラザーズ プリンス ヘビイチゴ ヘブンリーブルー ベック ベース ホリーズ ボブ・ディラン ポール・サイモン ポール・マッカートニー マジック・ギャング マルバルコウ マンゴー マンテマ ミシシッピ・ジョン・ハート ミョウガ ムラサキケマン ムンバイ メダカ メラトニン モンスーン ヨウシュヤマゴボウ ライブ ラジオ ラダック ラヴィ・シャンカル ルッコラ レイ・ブライアント レディオヘッド ロジャー・マッギン ローズマリー ローリング・ストーンズ 不耕起栽培 世界一のクリスマスツリー 中古レコード 中川五郎 中村一義 中村哲 仕事 千葉 千葉県 反戦 台風 園芸 園芸メモ 地球温暖化 夏目漱石 夢は世界平和 奈良美智 定点観測 宮沢賢治 小松菜 岡本太郎 平和 廃駅 忘れな草 敷き藁 新宿リキッドルーム 映画 曽我部恵一 有川ひろ 本秀康 東京 松代城 梅酒 植物 正月 歯医者 水不足 海外生活 溶連菌 漂着船 災害 牧範之 牧野富太郎 真田信之 睡蓮 紅葉 耳石 自分語り 芙蓉 荒井由実 落花生 薄口醤油 西友 親父ロック部 訳詞 誕生日 読書 賛美歌 赤玉ねぎ 鉄道 長野電鉄 雨期 震災 鮎川誠

「Chains」のジョージは声がかすれている

毎日の作業が夜遅くに終わってから布団に入るまでの時間、パソコンの電源を切って部屋の明かりも落とし、レコードを聴くのが最近の習慣。かつてはそんな時間にチューハイをがぶ飲みしていたが、毎晩常習的にアルコールを摂取するのをやめた代わりに、集中して音楽を聴くことが増えた。先日はビートルズの「Please Please Me」をかけた。これこそ何千万回聴いたかというものだが(言い過ぎである)、その晩に聴いたときは「Chains」を歌うジョージの声が少しかすれているのが耳に引っかかった。ジョージのガラガラ声といえば1974年の「Dark Horse」で、多忙なスケジュールと私生活トラブルの中で制作されたために荒れた声で歌わざるを得なかったのだが、「Chains」を歌うジョージもわりとハスキーな声なのだ。 Chains (Remastered 2009) このアルバムでジョージがリードヴォーカルを取るもうひとつの曲、「Do You Want To Know A Secret」では澄んだ声で歌っている。アルバムに収録されている14曲のうち10曲が1963年2月11日、たった1日のセッションで録音されたことは周知のとおり。アルバムのB面ラストを飾る「Twist And Shout」は録音順も最後で、ジョンが喉を潰しながら渾身のシャウトを決めた。ジョージの喉に疲れがうかがえる「Chains」も最後のほうに録音されたのかな、とおなじみのバイブル「The Complete Beatles Recording …

続きを読む

「Oh! Darling」のベースを弾いているのは誰?

アビー・ロード50周年記念盤は聴くたびに、ああっ、こういうことだったのか!という発見があって、自分がこのアルバムについていかに知らなかったか、あるいは関心が薄かったかを思い知る。この記事で書きたいのは、ジョージがベーシストとして果たした役割である。前にも書いたように、ジョン不在で制作が進められた時期があって、3人でレコーディングした「Maxwell's Silver Hammer」と「Golden Slumbers」ではポールがピアノを弾き歌い、ジョージがベースを弾いている。「Maxwell」でのベースはかなり巧みな演奏で、フレーズの端々にユーモアを利かせる余裕もある。これまで、ベーシストとしてのジョージをあまり認識していなくて、全ジ連ギター弾きとしては不覚であった。ジョージのベースをよく聴くと、ポールのスタイルと似ているけどやはり少し違うことをやっていて、面白いのである。 Maxwell's Silver Hammer (Take 12) このTake 12の終わりでも、3人の親しげなやり取りが聞ける。ポールが「今のはなかなか良かったな」と演奏を振り返ると、ジョージが「ダメなところもあったけどね」と混ぜっ返す。ポールが笑うと、リンゴの声で「George Harrison is resting his arm」というセリフが聞こえる。「ジョージ・ハリスン様が腕を休めておられる」という感じか。たぶん、リラックスしたジョージの様子が王様っぽく見えたのだろう。続いてポ…

続きを読む

アビー・ロードB面メドレーについて、いまさら知った事実

アビー・ロード50周年記念盤、楽しんでいる。ジャイルズ・マーティンのリミックスはまだそれほど聴き込んでいなくて、やはりオリジナルのほうがいいなあと思う曲もあるけど、コーラスの美しさが際立つ演出がされたものは気持ちよく聴ける。アウトテイク集で自分が一番、わあ、こんなだったのか、と興味を引かれたのは、B面メドレーの「Sun King~Mean Mr. Mustard」「Polythene Pam~She Came In Through The Bathroom Window」「Golden Slumbers~Carry That Weight」の3セクションがそれぞれ、基礎のレコーディング時からつなげて演奏されていたこと。もちろん、昔から穴があくほど読んでいるはずの「レコーディング・セッションズ」の本には、そうやってレコーディングされたことがはっきりと書かれているのだが、自分の頭には全然入っていなかった。どの曲もバラバラに録音して、後から滑らかにつながるように編集したのだろうと、何となくずっと思っていた。耳で聴いて、ああ、そうやって最初からメドレーで演奏していたのか!とようやく納得したのだ。 特に「Sun King」と「Mean Mr. Mustard」は曲調もテンポも全然違うし、ドラムのサウンドもがらっと変わる。「Sun King」では柔らかいマレットで叩いているような優しいくぐもった音なのに、「Mean Mr. Mustard」はビシバシ叩き付けるハードな音。しかし確かに、「Sun King…

続きを読む

ジョージが26歳の誕生日にひとりで録音した3曲

アビー・ロード50周年記念盤は、新ミックスと各曲の未発表バージョンが入った2枚組を購入した。その記念盤のライナーを読んでいたら、自分が当ブログに先日載せた記事で、記念盤に収録の「Something」スタジオデモについて書いた箇所に間違いがあったことに気付いたので、当該記事をこっそりと訂正したところである。この演奏はアンソロジーとは別テイクだろう、ピアノと一緒に演奏し直したものだと思う、なんて書いてしまったが、昨晩よくよく両者を聞き比べてみたところ、ギター弾き語りのテイクはどうやら同じのようだ。そして、このデモがテープに残された1969年2月25日、ジョージ26歳のお誕生日の録音はジョージがひとりで行っていたのだ。ピアノもジョージが後から自分の弾き語り演奏にかぶせて録音したものらしい。こんな風に、事実関係をろくに調べずに自分の憶測や思い込みのみで適当に書いているブログである。外からの反応も受け付けていないので書いてる本人が気付かない限り訂正もされない。記事の内容はあまり鵜呑みにしない方がいい(他人事・開き直り)。 そのジョージ26歳のお誕生日記念に録音されたのは「Something」「Old Brown Shoe」「All Things Must Pass」の3曲。それぞれかなり違った運命をたどることになるが、一番地味な「Old Brown Shoe」は公式バージョンの短いシャープなギターソロが格好良い。こういう考え抜かれたフレーズを無駄なく凝縮したコンパクトなソロが自分は大好きである。ビート…

続きを読む

Here Comes The Sun

ビートルズの「Abbey Road」がイギリスで発表されたのが1969年の9月26日。その中の一曲として「Here Comes The Sun」が世に出て、昨日で50周年。幼少の頃からビートルズの曲は「ポンキッキ」で断片的にコラージュされていたり、あちこちで流れていたりして無意識のうちに耳にこびりついていたけど、ビートルズというバンドの楽曲として「Here Comes The Sun」を知ったのは、10歳の頃だった。当時の自分は、父親がラジオから録音していた50~70年代英米ロック・ポップス特集のテープにどっぷりはまり込んでいたのだが、その中に「Here Comes The Sun」も入っていた。あれから35年以上が過ぎたけど、この曲が好きじゃなかったことは一瞬たりともない、と言い切れる。小学4年生の頃から一貫して愛し続けている、自分の基調としていつも流れている音楽。あらゆる音楽の中で自分にとって一番重要な曲である。 The Beatles - Here Comes The Sun (Official Video - 2019 Mix) 50周年に合わせて公開された公式ビデオ、この記事を書いているいまはじめて見たけど、すごくいい。インド神話からの引用らしき文章の一節と挿絵が入った美しい便せんにジョージが綴った歌詞の手書き原稿が、映像の中で素敵にフィーチャーされている。この曲への愛情が込められた映像だと思う。 ジョージの手書き歌詞原稿、アンソロジー本より 自分にとってこの…

続きを読む

アビー・ロード50周年記念盤から「Something」の未発表デモや2019年ミックスを聴いた

2012年のデビュー50周年から始まったビートルズ50周年イヤーズも、とうとう解散が迫ってきた。もうすぐ出るアビー・ロード50周年記念盤から、すでに「Something」「Oh! Darling」「Come Together」の3曲が公式にストリーミング公開されている。それぞれ、ジャイルズ・マーティンによる50周年ミックスと未発表テイク、「Something」に関しては未発表デモも聴ける。 最初に公開されたのは「Something」のようで、8月上旬公開となっているが、自分は今週になってようやく聴いた。スタジオデモは「Anthology 3」で聴けたジョージ単独の弾き語りデモと基本的に同じ演奏のようだが、その上にジョージが多重録音したというピアノが加わって音が厚くなっている(後記:当初の投稿ではジョージがピアノと一緒に演奏した別テイクと書いていたけど、間違いだったので訂正)。ジョージ26歳のお誕生日、1969年2月25日に録音されたこのデモバージョンは、中間部にアドリブっぽく歌うパートが入っている。デモ版サムシングでしか聴けないこの熱いジョージのヴォーカル、自分は大好きである。この歌いっぷりからは、同日にタイトル曲のデモも録音された「All Things Must Pass」の世界が、すでに目の前に見えている。 The Beatles - Something (Studio Demo / Audio) The Beatles - Something (Take 39 / Inst…

続きを読む

もっと見る