12弦ギター Agony Aunts Amazon elo Magic Gang Quasi RCサクセション SMALL FACES sub pop The Corner Laughers THE SHINS twitter Uberタクシー XTC YMO るこう朝顔 アウト・オブ・マイ・ヘアー アフガニスタン アメリカ アルバート・ハモンド アル・ヤンコビック アンディ・パートリッジ アンドレア・ペリー イギリス イチリンソウ イナラ・ジョージ イマジン イラク戦争 インド インド古典音楽 インド旅行 インド音楽 イーディー・ゴーメ ウィーザー ウォークマン ウォータークローバー ウクレレ エアコン エリオット・スミス エリック・クラプトン エレファントカシマシ オウズリー オダマキ オノ・ヨーコ カラス ガリーボーイ キュウリ キンクス ギター クイーン クサノオウ クリフ・リチャード グレッグ・カースティン ケーキ コスモス コートニー・バーネット サイモン&ガーファンクル サニーデイ・サービス サンシュユ サンフランシスコ ザ・バード・アンド・ザ・ビー シノグロッサム シフォンズ シロタエギク シンズ ジェフ・リン ジェンダー ジャンゴ・ラインハルト ジョアン・ジルベルト ジョン・ディーコン ジョン・レノン ジョージ・ハリスン ジョー・ブラウン ストレイ・ゲイターズ スピッツ スモール・フェイセズ スライドギター スレイド セロニアス・モンク ゾンビーズ タチアオイ ダライ・ラマ14世 チャーリー・ヘイデン チューリップ チープ・トリック ティーンエイジ・ファンクラブ ディーヴォ デイヴ・グレゴリー デュアン・エディ デヴィッド・ボウイ トケイソウ トム・ペティ トラベリング・ウィルベリーズ トリカブト ドクダミ ドライブ ドラム ナナカマド ニリンソウ ニルヴァーナ ニンニク ニール・ヤング ハルジオン ハル・ブレイン ハンク・ジョーンズ バイク バウル バンド バーズ バーデン・パウエル パクチー パッションフルーツ ヒメジョオン ビッグ・スター ビッグ・ビル・ブルーンジー ビーチ・ボーイズ ビートルズ ピクシーズ ピーズ フィニアス・ニューボーンJr. フィルモア フリートウッド・マック ブックオフ ブライアン・ウィルソン ブライアン・ジョーンズ ブラジル ブルース・ブラザーズ プリンス ヘビイチゴ ヘブンリーブルー ベック ベース ホリーズ ボブ・ディラン ポール・サイモン ポール・マッカートニー マジック・ギャング マルバルコウ マンゴー マンテマ ミシシッピ・ジョン・ハート ミョウガ ムラサキケマン ムンバイ メダカ メラトニン モンスーン ヨウシュヤマゴボウ ライブ ラジオ ラダック ラヴィ・シャンカル ルッコラ レイ・ブライアント レディオヘッド ロジャー・マッギン ローズマリー ローリング・ストーンズ 不耕起栽培 世界一のクリスマスツリー 中古レコード 中川五郎 中村一義 中村哲 仕事 千葉 千葉県 反戦 台風 園芸 園芸メモ 地球温暖化 夏目漱石 夢は世界平和 奈良美智 定点観測 宮沢賢治 小松菜 岡本太郎 平和 廃駅 忘れな草 敷き藁 新宿リキッドルーム 映画 曽我部恵一 有川ひろ 本秀康 東京 松代城 梅酒 植物 正月 歯医者 水不足 海外生活 溶連菌 漂着船 災害 牧範之 牧野富太郎 真田信之 睡蓮 紅葉 耳石 自分語り 芙蓉 荒井由実 落花生 薄口醤油 西友 親父ロック部 訳詞 誕生日 読書 賛美歌 赤玉ねぎ 鉄道 長野電鉄 雨期 震災 鮎川誠

定点観測の梅、Bare Trees

前回の定点観測記事から一週間も経っていないが、枝に残っていた葉も週末の雨ですべて落ちてしまったのだろう、完全に冬の姿になった。 すでに枝の先に赤みが差して、つぼみが付いている。来年の春に向けて、着々と準備が進んでいる。冬に入った途端、こんなに早い時期からつぼみを付け始めるなんて、定点観測をするようになってはじめて知ったことである。シーズン・サイクルに従って一年中動き続ける梅の木に、休んでいる暇はないのだ。 今回は、完全に落葉して枝だけになった木を見ながら、「Bare Trees」という題名のアルバムがあったなあ、と思い出していた。フリートウッド・マックの1972年作品。自分がこのバンドを知ったのはかなり遅くて、ピーター・グリーンのまるで剣豪のような切れ味のブルースギターに惹かれ、ブルースバンド然としている初期の作品ばかり聴いていた。「Bare Trees」では、ピーター・グリーンはとっくに脱退。シングル「Albatross」から加入したダニー・カーワンが参加した最後のアルバムとのこと。ピーター・グリーンによれば、「Albatross」はダニー・カーワンが加わらなければ形にならなかった曲だそうで(Wikipedia - Danny Kirwan)、この曲を大いに参考にして生まれたビートルズの「Sun King」も、ダニー・カーワンがいなければ存在しなかったことになる。 Fleetwood Mac Albatross live 1969.10.09 Pop &…

続きを読む

定点観測の梅、Blues Run the Game

東京では今が紅葉の盛りのようだがこちらは終わり。先週末は近所のお寺で最後の紅葉を楽しむことができた。散歩コースに近く、何回か本堂にお参りしたけど裏の庭園まで行ったことがなかった。びっくりするほど美しかった。 定点観測の梅はすでにほとんど落葉、冬の姿。今年は紅葉せず黄緑のまま枯れた葉が目立って、何だか寂しさが際立つ。もちろん人間が端から見た視覚上のことである。梅本人(本梅?)は来年春に向けてつぼみを付ける準備に忙しいことだろう。 向こうの里山はまだ紅葉していた 冬枯れの梅を見ていて「Blues Run the Game」という曲が脳内で流れ出した。自分はサイモン&ガーファンクルのカバーバージョンで親しんでいるが、オリジナルはJackson C. Frankというフォークシンガーの作で、ポール・サイモンのルームメイトだったという。 Blues Run the Game (2001 Remaster) 俺が行くところ、どこにでもブルースがついてきて支配されてしまう、という歌である。ブルースとの綱引きなら自分も年がら年中やっているが、冬は少し強く引かれるようになる。園芸記事も春まで書くことはもうほとんどないだろう。先週、チューリップの球根を庭に植えて、おしまい。夏の朝顔もとっくに枯れて片付けなければならないのに、まったくやる気にならず放置している。冬へと歩きだそう。いつも季節の変わり目にはだいたい同じことを言っている。

続きを読む

定点観測の梅、オータム・リーブス

11月も後半に入って冬への駆け足が始まってきた。日はどんどん短くなる一方だし、冷える日はとても冷える。灯油の消費はすでにかなりのペース。毎年シベリアから来る冬の渡り鳥が今年もやってきたし、散歩すれば紅葉・黄葉がそこかしこで真っ盛りである。イチョウは落葉が始まって、大きなイチョウの下の歩道は黄色いじゅうたん。 定点観測の梅は、紅葉を通り越して枯葉が目立ってきた。2016年来日公演でのボブ・ディランじゃないが、脳内ではちょっと油断すれば「枯葉」が感傷的に歌い上げられる季節である。 毎年、この何となくもの悲しい気分とともに、ジョージの命日が近づいてくる。最後のアルバム「Brainwashed」が発売されたのは2002年11月18日ということで、上の梅の写真を撮った昨日が発売17周年。亡くなってからは、もうすぐ18年。 George Harrison - Stuck Inside A Cloud

続きを読む

定点観測の梅、紅葉の濃淡

今年の紅葉は全般に遅くて、茶色っぽく枯れてきた葉が目立つ。やはり10月の高温多雨が影響したのだと思う。どうしても昨年の鮮やかな美しさと比べて残念に思ってしまうが、もちろん植物にしてみれば、その年の気候に合わせて調節しているだけで、紅葉が鮮やかでないなどと言われても知ったことではないだろう。 とはいえ、今朝の定点観測の梅は、真っ青な秋空に映えて綺麗な紅葉が楽しめた。紅葉が始まったころに書いた前回の定点観測記事から10日経ち、だいぶ紅葉が進んだ。 紅葉せずに枯れる葉もかなりありそうで、見る角度によっては黄緑色の葉が目立ったりもする。 梅の木全体が一斉にぱっと輝くように紅葉した昨年とは、やはり様子が違うような。それでも、緑から赤までさまざまな濃淡に彩られるこの時期の木々はとても美しい。

続きを読む

定点観測の梅、去年より遅く紅葉が始まる

今年の紅葉は去年と比べてかなり遅い。定点観測の梅もようやく葉が赤みを帯びてきた。今年の10月はあの台風と大雨のほかにもすっきり晴れない日が多かったけど、月末になってやっと定点観測日和の秋晴れになった。11月に入って、昨日の朝に撮った写真。 去年の同じ日に撮った写真と比べれば、今年の紅葉の遅さは一目瞭然。 2018年11月1日撮影 このときは、前日の10月31日に上京して、ポールの来日公演を父と観たのだった。実家に泊まって翌朝帰ってきて、家に戻る前に少し寄り道をして定点観測をした。あれからまたシーズン・サイクルがひとまわりして、この梅の定点観測もかれこれ3周目である。やはり同じ木でも毎年何かしら違いがあるものだ。 梅のほかに毎年秋によく見ているのは、散歩コースにあるナナカマドと神社のもみじ。いずれも例年より遅い紅葉のはじまりである。もみじは、緑~黄~赤とさまざまな色合いが複雑に混在しているときに日陰から見上げるのが好き。去年の写真を見返すと今日ぐらいが最高の見頃だったが、今年はまだこれからどんどん綺麗になっていくだろう。 最後に、ヨウシュヤマゴボウ。どこにでも生えていて、実をつぶすと染料になりそうな濃い赤紫色の汁が出てくるのは知っている人が多いだろう。秋になり、実と同じように葉も赤紫に色づいて、散歩道の脇で朝の日差しに照らされてとても鮮やかだった。

続きを読む

台風過ぎて、定点観測の梅

台風19号の被害に遭われ、亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。河川の氾濫などで被災されて平穏な日常を奪われた方々が、一日も早く普段の暮らしに戻れますように。 自分の暮らしている地域も、台風襲来当日は市内の川が氾濫寸前までいって近隣まで避難指示が出され、スマホや防災無線からの警報が昼から夜まで鳴り止まなかった。防災無線では、いつもの市役所職員の声だけでなく、Jアラートの試験放送でたまに聞く無機質なおっかない声、しまいには市長さん自らが登場して、対象地区名を挙げて避難を呼びかけていた。風雨自体はそれほどでもなかったが、スマホもけたたましく鳴り続け、危機感は喚起されまくって大変に気疲れした。夜8時頃には川の水位が下がって警報も収まり、一夜明けた翌日は台風一過で晴れたものの、夕方まで冷たい強風が吹き付けていた。大規模な河川氾濫のニュースが大きく報道され、親しい友人や縁のある場所など、周辺の諸々が無事かどうか心配で、なかなか気持ちが落ち着かず。今朝は強風もやみ、友人宅も浸水を免れたという知らせがあって、だいぶ平穏を取り戻した。朝食後の散歩にも出て、いつも朝の挨拶をする神社に自らの無事を感謝し、梅の定点観測もしてきた。 まだ木の葉は緑。台風の影響も特になさそう。どんどん寒くなってきているので、夏と変わらない姿が見られるのもあとわずかだろう。いつもの散歩コースで定点観測ができる普通の日常の有り難さ。一時は、本気で避難ということになるかも、とかねてから準備の非常用持ち出し袋を再確認した…

続きを読む

もっと見る